肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 見逃すと危険!肝機能障害の主な症状 » 軽度の場合

軽度の場合

ここでは、軽度の肝機能障害について説明します。初期症状や自覚症状がないと言われる肝機能障害を、一体どのように見つけるのか? そのヒントがここにあります。

肝機能障害の初期症状は出にくい

肝臓が“沈黙の臓器”と言われることは有名です。

その名のとおり、肝臓は障害が起きても自覚症状が出にくい臓器です。特に、軽度の肝機能障害の場合は、初期症状がまったく出ないと言っていいでしょう。

肝機能障害が進行し、肝硬変や肝臓がんに発展した場合でも、初期症状は、食欲不振、体重減少、全身の倦怠感、疲れやすいなど、慢性的な疲れや風邪の症状と変わらないので見つけにくい病気と言えます。

さらに発展すると、腹痛や腹水、黄疸(おうだん)などが出てきますが、こうなると症状がかなり進行してしまった状態なので要注意です。

肝臓がんの場合、がんが大きくなって初めてシコリを確認できるようになり、この時点ではかなり進行してしまっています。さらに肝臓がんは、腹膜をはじめ、リンパ節や肺、骨、副腎など、他の部分に転移するので、その時点でさまざまな症状が表れてきます。

このように、肝臓で自覚症状を感じるようになった場合は、すでに手遅れの状態である可能性が高いと言えます。

肝機能障害が発展すると、取り返しのつかない病気になってしまうので、軽度のうちに治療や改善を実行していく必要があります。

ちなみに、軽度の肝機能障害は症状こそありませんが、健康診断で出てくる数値によって見つけることができます。肝臓に関する数値が異常値であった場合には、食生活などを見直すことで、肝機能を改善していく努力をしましょう。

肝臓は沈黙の臓器。障害があっても自覚症状がないということを、肝に銘じておいてください。決して楽観視せず、速やかに行動を起こしましょう。

肝機能は、早め早めに改善していくことが重要です。

>>これって肝機能障害?と思った人は
今すぐセルフチェックを!

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド