肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 見逃すと危険!肝機能障害の主な症状 » 全身のかゆみ

全身のかゆみ

特別な原因はないのに全身がかゆいことはありませんか。あてはまる方は肝機能障害に注意しましょう。肝臓の不調で全身のかゆみに悩まされることがあります。具体的に、どのような症状が現れるのでしょうか。その原因とあわせて解説いたします。

肝機能障害で全身のかゆみを感じる(症状の特徴等)

身近な皮膚のトラブルとしてかゆみを挙げられます。かゆみは皮膚に原因がある場合と皮膚に原因がない場合に分かれます。皮膚に原因があるかゆみは、皮膚が赤くはれる、皮膚がブツブツになるなど見た目の異常を引き起こします。例えば、虫刺されや蕁麻疹などがこれに該当します。皮膚に原因がないかゆみは、目立った見た目の変化を引き起こしません。皮膚が赤く腫れるわけでも、ブツブツになるわけでもないのにかゆみを感じます。

このようなかゆみは肝臓をはじめとした内臓の病気で引き起こされることが多いと考えられています。

肝機能障害で引き起こされるかゆみは、見た目に異常はないのにかゆい、全身がかゆい、かいてもかゆみは治まらない、市販されているかゆみ止めを使用してもかゆみは治まらない、かゆみで眠れないことがあるなどに当てはまることが多いとされています。
原因不明の治まらないかゆみに悩まされている方は、肝臓の不調が潜んでいるかもしれません。

肝機能障害で全身のかゆみを感じる原因

肝機能障害で全身にかゆみを感じる理由は、脳がかゆみを感じているからと考えられています。具体的には、かゆみの原因になるβエンドルフィンとかゆみを抑えるダイノルフィンのバランスが崩れることで脳がかゆみを感じて全身がかゆくなると考えられています。つまり、肝機能障害で全身にかゆみを感じている方では、ダイノルフィンよりβエンドルフィンが増えていると考えられているのです。

βエンドルフィンの刺激で脳がかゆみを感じるので、「見た目に異常はないのにかゆい、全身がかゆい、かいてもかゆみは治まらない、市販されているかゆみ止めを使用してもかゆみは治まらない」などの症状が現れます。虫刺されなどとは異なるかゆみが現れている方は、肝機能障害などに注意しましょう。

肝機能障害で全身のかゆみを感じた段階で取れる改善策

皮膚に異常のない全身のかゆみは、肝臓をはじめとした内臓の不調で引き起こされることがあります。肝機能障害が原因と考えられる場合は、出来るだけ早く病院で相談しましょう。肝臓は不調に陥っても働き続けることが出来るので、症状が現れにくい臓器といわれています。自覚できる症状が現れる時点で、肝機能はかなり低下している恐れがあります。

今あるかゆみは、お風呂の温度を低くする、お風呂のあとは肌を保湿する、肌に刺激を与えにくい素材の肌着や洋服、寝具などを使用することなどで対処できます。また、我慢しきれず皮膚をかき破ると新らたなトラブルの原因になるので、爪は短く切っておくことをオススメします。

病院で相談するほどではないものの肝機能が心配な方は、セルフケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。カロリーやアルコールの摂りすぎを控えることで肝臓にかかる負担を減らせます。

肝臓に良いといわれる成分を配合したサプリメントの利用もオススメです。牡蠣肉エキスは次の実験結果などから肝臓に良いといわれています。

ラット20匹を1群とし第1分はコントロール、第2・3・4はコーン油20%・コレステロール0.5%・コール酸0.1%をそれぞれ添加。第3群には牡蠣肉エキス5%水溶液0.5㎎を1日おきにカテーテルにて強制投与、第4群は飼料中にエキス1%を添加して8週間飼養し血清及び肝臓について検索した実験で、牡蠣肉エキス投与により脂質の蓄積が抑制されることが分かった。

出典:『牡蠣肉エキスの資質生化学的アプローチ』 栗原文男・田宮恵理子(武蔵野女子大学食物研究室)
http://www.japanclinic.co.jp/cms/img/1473730092.pdf

全身に原因不明のかゆみを感じている方は、何かしらの不調が潜む可能性があるので、不調の原因を探り、適切に対処しましょう。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド