肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » すぐわかる! 知って安心・肝機能の基礎知識 » 肝臓の位置と構造

肝臓の位置と構造

肝機能障害について知るには、まず肝臓に関する基礎知識が必要です。ここでは、肝臓の位置と構造について解説します。

肝臓の位置について

肝臓は胸とお腹を区切る横隔膜のすぐ下、胃の右隣にあり、腹部の右上部のほとんどを占めています。重さは体重の約50分の1、1,000g~1,500gという、人体で最大の臓器です。

肝臓の前面は肋骨に囲まれるように守られ、呼吸すると横隔膜の動きにつれて上下に動きます。肝臓の下には、肝臓で生成された胆汁を溜める胆嚢が、ちょうど肝臓の下にもぐりこむようにあります。

健康な人間の肝臓は、体の外からさわっても分かりませんが、格闘技などでは肝臓のある位置を打たれると激痛の起こる「急所」とされています。

肝臓の構造

他の臓器には動脈と静脈の2本の血管が出入りしていますが、肝臓はそれに門脈を加えた3本の血管が出入りし、常に体内の血液の4分の1が集まっています。また、門脈からは、小腸や脾臓から集まった栄養分に富んだ静脈血が流れ込んでいるので、他の臓器と異なり2種類の血液が集まることになります。肝臓の下面中央には肝門があり、ここに上述の肝動脈門脈、それに肝管リンパ管が通っています。

肝臓を構成する肝細胞は、肝小葉という直径1mm程度のかたまりを構成し、この肝小葉が集まって肝臓を構成しています。個人差がありますが肝細胞の数は約2,500億個といわれています。

肝臓は形の上では大きな右葉と小さな左葉、方形葉、尾状葉の4つに分かれていますが、臨床的にはこの区分は重要ではないとされています。

以下は、肝臓を構成する組織や、肝機能に関連する器官です。

  • 肝動脈・・・心臓からの、酸素を多く含んだ血液を肝臓に運ぶ血管
  • 肝静脈・・・肝臓でつくられた栄養分などを心臓に運ぶ血管
  • 門脈・・・小腸で取り込まれた栄養素などを肝臓に運ぶ血管
  • 肝細胞・・・肝臓を構成する主な細胞
  • 肝小葉・・・肝細胞の集まりの一単位、大きさは直径1mm程度
  • 胆汁・・・肝臓で生成される、脂肪の消化吸収を助ける黄色い消化液
  • 胆嚢・・・肝臓で生成された胆汁を貯蔵する袋
  • 胆管・・・肝臓で生成された胆汁を胆嚢に運ぶ管
  • 毛細胆管・・・肝細胞と肝細胞の間にある、胆汁の流れる細い管
  • 胆管細胞・・・胆管を構成する細胞
 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド