肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の改善におすすめの食品とその成分 » ごま

ごま

ゴマ(セサミン)は、豊富な栄養素があると昔から有名な食品で、近年肝臓への効果にかんしても注目を集めています。

ごまに含まれるセサミンの肝臓へのはたらきとは

ゴマには、脂質やたんぱく質、カルシウム、鉄分、セサミン、ゴマリグナンなどの栄養素が豊富に含まれています。

脂質は体に悪いと思われがちですが、ごまに含まれる脂質は、体に良いオレイン酸で、たんぱく質も特にアミノ酸がバランス良く含まれています。

ごまの成分として一番有名なのはセサミンです。

セサミンは、腸で吸収されるので、肝臓にしっかり届いて効果を発揮する成分です。肝臓の脂肪酸を減らしたり、肝臓がんを予防すると言われています。

また、疲労回復にも効果があるとされています。

ごまには、そのほかに、ゴマリグナンという成分が含まれていることがわかりました。この成分は活性酸素を除去する働きがあります。

他にも活性酸素を除去する栄養素はありますが、血液中の活性酸素を撃退するのみで、肝臓の活性酸素を除去するまでは至りません。

このゴマリグナンは、逆に、血液中では働かず、肝臓に到達してから力を発揮するので、肝臓の機能の改善に効果的です。

このように、ごまは、豊富な栄養素のほか、セサミンやゴマリグナンなどの肝臓に直接働きかける成分が含まれています。

肝臓に良いとされる「ごま」は、おかずに取り入れることで、毎日摂取することは可能です。しかし、セサミンを効率よく摂るためには、サプリメントを取り入れることも選択肢の一つでしょう。

セサミンを豊富に含んだごまのサプリメント

セサミンEX
肝機能をサポートするおすすめのサプリメント、セサミンEXの商品画像 【価格】
10,584円
【配合成分】
米胚芽油・セサミン・ビタミンE・トコトリエノール
【特長】
健康食品で有名なサントリーから出ているサプリメント。
ごまの健康成分セサミンをはじめ、体調を整えるオリザプラス、天然のビタミンE、スーパービタミンであるトコトリエノールを配合しています。

 

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド