肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » 血小板

血小板

肝臓の異常を見つける検査では、血小板の数値も重要な指標です。ここでは血小板の減少が示す肝臓の状態について解説していきます。

肝硬変になると血小板が減少する

血小板(PLT)は骨髄で作られる血液成分のひとつで、血液を固めて出血を止める働きを持っています。

血小板などの血液成分は骨髄で作られ、古くなった血液は脾臓で破壊され、排泄されます。しかし、慢性肝炎や肝硬変によって肝臓が繊維化すると肝臓の血流が悪くなるので、肝臓の上流にある脾臓に血液が溜まって肥大してしまい、血液中の血小板が壊されすぎて減少してしまうのです。
また、血小板の産生をうながすトロンボポエチンという物質は肝臓で作られるため、肝機能の低下によって血小板の作られる数自体も減少してしまいます。

上記2つの理由で、血小板数の減少は慢性肝炎や肝硬変の進行度をはかる、非常に重要な数値となっています。

ただし、血小板数が減少する病気は肝臓疾患以外にも数多くあるので、GOT(AST)値、GPT(ALT)値、ガンマGTP値など、肝機能に関する他の項目もあわせて確認しましょう。

  • 血小板(PLT)数の基準値・・・10万~40万/μL
  • 血小板数が低い場合・・・慢性肝炎、肝硬変、重症肝炎、DICの合併などの可能性があります。また、薬剤性血小板減少症、特発性血小板減少性紫斑病、免疫性血小板減少症などの可能性もあります。
  • 血小板数が高い場合・・・急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、悪性腫瘍、栄養不足、拒食症などの可能性があります。血小板(PLT)は骨髄で作られる血液成分のひとつで、血液を固めて出血を止める働きを持っています。

肝炎や肝硬変の症状のひとつとして「出血しやすい」「出血が止まりにくい」出血傾向がありますが、これは血小板の減少によって引き起こされる現象です。

血小板の数と肝臓がんの危険性の関係

慢性肝炎などで肝臓の繊維化・肝硬変が進むほど、肝臓がん発症の危険性が高まります。繊維化の進行がいちばん分かりやすい検査は肝組織を取って検査する生検ですが、容易には行えないこともあります。
そこで、血液検査による血小板数値を用いれば、肝硬変の進行程度をある程度予測することが可能です。

肝硬変の進行度はF1~F4で表されますが、軽いF1からF2~F3と進行して肝硬変から肝臓がんへと近づいていく様子は血小板数の減少にはっきりと表れて、「右肩下がりの血小板」などと表現されます。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド