肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » LDH値

LDH値

肝臓検査で一般的に測定されるLDH値について、検査の意味や数値の見方などを解説していきます。

LDH値と肝臓の関係性

LDH(乳酸脱水素酵素)は、体内で糖分をエネルギーに転換するときにはたらく酵素の一種です。肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに特に多く含まれており、これらの臓器がダメージを受けると、細胞中のLDHが血液の中へ大量に流れ出してしまいます。
そこで血液を採取し、血中のLDH量を測定することによって、肝臓や腎臓に何らかの損傷がないかを調べることができます。

  • LDHの基準値:120~240IU/L

※240IU/L以上だと肝炎、肝臓がん、心筋障害、血液疾患の疑いあり

LDHは多くの器官に含まれているため、肝臓疾患と特定するためには、GOT(AST)値・GPT(ALT)値をあわせて確認する必要があります。
また、激しい運動を行った後には筋肉の損傷によってLDHの値が上昇することがあるので、LDH検査を始めとする血液検査の前には運動を控えたほうが正確な結果が出ます。

通常の場合、LDH値に男女の差はありませんが、妊娠後半期にはLDH値が急上昇し、出産前は基準値の2倍近くもなります。

LDH値の異状による病気の種類

LDHは多くの器官に含まれている酵素なので、LDHの数値が高いだけでは肝臓の病気とは特定できません。
異常のある臓器を絞り込むためには、LDHアイソザイム検査という精密検査を行い、スクリーニング(ふるいわけ検査)をする必要があります。アイソザイムとはiso zyme(同じ酵素)という意味で、LDHを分子構造の違いによってLDH1~LDH5の5種類に分け、どの器官から流出したものかを調べます。

  • LDH1およびLDH2値が高い・・・溶血性貧血、腎梗塞、心筋梗塞、悪性腫瘍、筋ジストロフィーの疑い
  • LDH2およびLDH3値が高い・・・溶血性貧血、腎梗塞、心筋梗塞、悪性腫瘍、筋ジストロフィー、白血病、肺梗塞、リンパ肉腫の疑い
  • LDH5・・・肝臓疾患、悪性腫瘍、筋ジストロフィー

肝臓疾患の場合、LDHの種類によって現在進行中の肝細胞障害の度合いが判断できます。
急性肝炎・肝臓がん(とくに転移性がん)などの初期にはLDH5の数値が著しく増加します。しかし、慢性肝炎や肝硬変でLDHは数値があまり変わらないとされています。

いずれにせよ、LDHだけでなく血液検査での他の数値や超音波検診CTスキャン生検臨床症状の問診などもあわせて総合的に医師の診断を仰ぎ、適切な治療を行う必要があります。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド