肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » LAP値

LAP値

胆汁の中に多く存在するLAPは、肝臓の異常を見つける検査でも重要な指標です。ここではLAPの数値の上昇と肝機能障害の関係を解説していきます。

LAP値でわかる肝臓と胆道の不調

LAPとは、ロイシン・アミノペプチダーゼという酵素のことをいいます。これは、肝臓、腎臓、すい臓、心臓、脳、小腸、子宮、精巣など多くの臓器の細胞に含まれているもので、健康な人の場合、とくに胆汁に最も多く存在しています。
そこで、血液を採取してLAPが血液中に漏れていないかを確認することで、肝臓や胆道に何らかの損傷がないかを調べる検査を行います。

  • LAP(ロイシン・アミノペプチダーゼ)の基準値・・・80~160IU/L

※国際的に最も使われている単位での表示であり、文献によって若干の差があります。また、検査方法にはさまざまな種類があります。

LAPの数値を見る際には、ガンマGTP、ALPなどとの比較も行います。
LAP、ガンマGTP、ALPのすべての数値が高い場合、肝臓や胆道などの病気が疑われます。

LAP値検査の指針と疑われる病気

LAPの数値が上がっている場合、胆汁の流れが滞っている状態(胆汁うっ滞)にあります。一般的には、LAPは肝臓を経由して胆汁と一緒になって胆管を通り十二指腸へと流れていきます。
もしこの途中で胆道閉塞・胆道狭窄などの異状があり、きちんと胆汁を排泄することができなくなると、逆流したり損傷している場所から血管の中に漏れてしまうのです。

  • LAPの数値が高い場合に疑われる病気・・・肝臓がん、急性肝炎、慢性肝炎、胆管がん、胆石、閉塞性黄疸、すい臓がん、子宮がん、卵巣がん、白血病など

ただし、LAPは肝臓以外にも多くの臓器に存在しているので、LAPの数値が高いだけでは肝臓の病気とは特定できません
また女性の場合、妊娠中にLAP値が高くなる場合もあるので、検査の際には確認が必要です。

異常のある臓器を絞り込むためには、ガンマGTP、GOT(AST) ・GPT(ALT)、総ビリルビン、ALPなどの血中成分の数値とあわせて判断する必要があります。
とくにLAP、ガンマGTP、ALPは胆道系酵素とも呼ばれており、同時に上昇している場合、肝臓・胆道の疾患である可能性が高くなります。

肝臓がんなどの疾患の有無を確認するためには、さらに超音波検査やCTスキャン、肝生検などの検査が必要になります。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド