肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » ガンマGTP値

ガンマGTP値

ここでは、肝臓検査で重要な指針とされるガンマGTPの概要や、その数値を亜sゲルために行いたいことなどについてまとめています。

肝臓検査で知っておきたいガンマGTPとは

ガンマGTPの正式名称は、「ガンマ グルタミル トランス ペプチダーゼ」と言い、その頭文字をとって、ガンマGTPと言っています。

このガンマGTPは、たんぱく質を分解する酵素のことです。

ガンマGTPは、肝臓・膵臓・腎臓・心臓など、いろいろな臓器に存在し、実は腎臓に一番多く存在しています。

しかし、腎臓が悪くなってもガンマGTPの数値にあまり変化は見られません。このガンマGTPの数値は、大抵、肝臓が悪い、肝機能に障害がある、という場合に高くなります。

また、胆道結石や腫瘍がある場合にも、胆汁が流れにくくなり、ガンマGTPの数値は上昇します。

このガンマGTPの数値は、血液検査でわかります。

  • 基準値は、男性で50IU/L以下、女性で30IU/L以下。

この数値より高い場合は、肝機能障害の疑いがあるのです。ガンマGTPは、お酒を飲み過ぎた場合にはすぐに高くなります。

検査前日に過剰なアルコール摂取をした場合には、数値が上昇する可能性が高いですが、一過性のものとなります。正確な数値を知るためにも、検査前日はお酒を控えるようにしましょう。

肝機能障害の検査では、このガンマGTPだけではなく、GOT(AST)値やGPT(ALT)値などとあわせて確認する必要があります。

この2つの数値も高い場合は、肝炎や肝硬変などの肝臓の病気が、ガンマGTPの数値だけが高い場合は、胆道の疾患などが考えられます。

ガンマGTPを下げるには

既に、肝炎や肝硬変などの肝臓の病気になっている場合、胆道の疾患の場合は、病院での治療が必要です。

しかしそこまで重度ではなく、たんに肝機能が低下しているだけの場合は、生活を見直すことで肝機能を改善する手助けができます。

まずは、休肝日です。

最低でも、週に2日は、お酒は飲まないようにしましょう。お酒の量を減らして毎日飲むというのは、肝臓の休ませることにはなりません。

肝臓を休ませるためにも、週に2日はアルコール摂取を完全にやめましょう。

次は、適度な運動です。

体についた脂肪でも、肝臓はダメージを受けます。できれば毎日、適度な運動をし、必要以上の脂肪をつけないように、健康的な体を作ることが大切です。

ガンマGTPを下げるサプリメントも

肝臓を元気にするには、栄養は大切です。最近では、肝機能の改善が期待できるサプリメントもたくさん出ています。

ただガンマGTPの数値を下げるだけであれば、そのための成分はいくらでもありますが、それでは肝機能の改善にはつながりません。

サプリメントを取り入れる際には、肝臓自体を元気にする効果のあるものを選びましょう。肝臓の機能を改善させることで、結果的にガンマGTPの数値も下がるでしょう。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド