肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » GOT(AST)値 ・GPT(ALT)値

GOT(AST)値 ・GPT(ALT)値

ここでは、肝臓検査で重要な2つの数値「GOT(AST)/GPT(ALT)」と、それぞれの数値を下げるための有効な手段について解説しています。

肝臓の検査数値「GOT(AST)/GPT(ALT)」とは

GOT値とGPT値は、それぞれ肝臓検査で重要とされる数値です。

近年、GOTは、AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーセ)という名称に、GPTも、ALT(アラニン・アミノトランスフェラーゼ)という名称に変更されつつありますが、ここでは旧来のGOT、GPTという表記で統一したいと思います。

GOT値もGPT値も、アミノ酸を作り出す酵素の一つです。

これらは肝臓に多く含まれているのですが、肝機能に障害があると血液中に流れ出すため、沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓の異常を早期に発見するために重要な指針とされています。

これらの数値は、血液検査でわかります。

基準値とされるのは、以下の通り※IU/Lというのは1リットル換算したときの濃度の単位です。

  • GOT:35 IU/L以下
  • GPT:35 IU/L以下

これより上昇すると、数値によりさまざまな病気が疑われます。

ただし、GOT(AST)、GPT(ALT)は、肝細胞が現在どの程度壊れているかという数値で、その分、肝臓がきちんと再生できていれば機能低下とは言えません。

これらの数値は重要視されますが、それだけで重病とは判断せず、全体的な評価で肝臓の機能低下を確かめます。

健康診断で異常値が出た場合は、早めに詳しい検査を受けてみるべきでしょう。

GOT値・GPT値を下げるには

重病かどうかは不明にしろ、これらの数値が高い場合は、少なくとも肝臓にダメージが与えられている状態にあるといえます。

病院で詳しい検査を受けて病気が見つからなかったとしても、生活習慣に乱れがあるのは確実。病気になる前に生活を改善する必要があります。

肝臓の数値を下げるために一番重要なのは、食生活です。

よく言われていることですが、脂っぽいものや高カロリーのものを摂りすぎると、肝臓に負担がかかります。

また、肝臓にはアルコールを分解する機能もあるため、お酒の飲みすぎもNGとされています。

そのため肝臓の数値を下げるためには、お酒を控え野菜を多く摂るようにしたり、昔ながらの和食中心にするなどが効果的。

これらと併せて、適度な運動を心がけたり、肝機能を回復させる成分を含んだサプリメントを摂ったりすれば、健康診断で引っかかることもなくなるはずです。

電球アイコンGOT値(AST)やGPT値(ALT)を下げたい?
肝機能改善をサポートする健康食品はこちら≫

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド