肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » 肝臓の検査の流れ

肝臓の検査の流れ

健康診断や病院の診察で肝臓について調べる場合、どんな検査をするのでしょうか。ここでは、検査の流れにそって簡単に説明しています。

ステップ1:血液検査で肝臓異常のシグナルを発見

肝臓は大量の血で満たされた臓器なので、血液の成分を調べることによって肝臓の異常を発見することができます。

肝臓に異常を感じた場合には病院で問診や触診を受けますが、自覚症状が出にくい肝機能障害は、通常の健康診断で行われる血液検査の項目によって発見されることも少なくありません。

通常の健康診断でも調べられることの多い、肝臓に関係ある血液検査の数値は以下のとおりです

  • ガンマGTP値・・・たんぱく質を分解する酵素「ガンマ グルタミル トランス ペプチダーゼ」の略。値が高い場合に肝機能障害が疑われる。
  • GOT(AST)値 ・GPT(ALT)値・・・どちらもアミノ酸を作り出す酵素の一種。値が高い場合に肝機能障害が疑われる。
  • 総ビリルビン値・・・赤血球が分解されてできる黄色い色素。肝臓の機能が衰えると増え、黄疸の原因になる。
  • ALP値・・・リン酸化合物を分解する「アリカリホスファターゼ」という酵素。肝臓や骨に損傷があると上昇する。
  • 総たんぱく値・・・血液の液体成分「血清」に含まれるアルブミンとガンマグロブリンの値。低いと肝臓浮腫や多い肝障害、高いと肝硬変、慢性肝炎などの疑いがある。
  • LDH値・・・体内で糖分をエネルギーに転換する「乳酸脱水素酵素」の一種。肝臓や腎臓に損傷があると上昇する。
  • コリンエステラーゼ値・・・肝細胞だけで生産される酵素の一種なので、値が低くなると肝機能の低下が疑われる。
  • 血小板・・・血液を固めて出血を止める働きを持つ血液成分。肝機能障害があると値が減少する。
  • LAP値・・・特に胆汁に多く存在する「ロイシン・アミノペプチダーゼ」という酵素。肝臓や胆道に損傷があると上昇する。
  • TTT・・・「チモール混濁試験」という、血液中のたんぱく質の性質を知る検査。数値が高い場合、脂肪肝・肝炎・肝硬変が疑われる。
  • ZTT・・・「硫酸亜鉛混濁試験」という、血液中のたんぱく質の性質を知る検査。肝臓疾患の経過観察によく使われる。

血液検査だけでは、肝臓にダメージが与えられた状態であることが推測できても、実際の疾患の種類や進行度を正確に判定することはできません。

ステップ2:映像や超音波による痛みのない検査

そこで、まずは体にメスを入れずにできる検査で、肝臓の状態を観察します。
代表的なものは、超音波検査、CTスキャン、MRIです。痛みがなくリラックスして検査が受けられるので、患者の負担が少ないという利点もあります。

名称 検査の手法 特徴
超音波検査 腹部に超音波を発信し、帰ってくるエコー(反射)をコンピュータ処理で画像化して診断する 放射線被爆の心配がない
開腹しないので痛みがない
CTスキャン 腹部に複数の方向からX線を照射し、コンピュータ処理で腹部横断面を画像化する 内視鏡で見えない肝臓も観察できる
断層面5mmを撮影するので、ごく小さな病変も確認できる
MRI 腹部に強い磁気をあてて、体内の水素原子の振動をコンピュータ処理で画像化する さまざまな方向から体の断面をとらえることができる
X線を使わないので、CTより安全といえる
血管の状態まで観察できる

番外:肝臓を直接検査する

超音波検査、CTスキャン、MRIで疾病が特定できない場合には、肝臓を直接検査する「肝生検」または「腹腔鏡検査」が行われます。この2つの検査は両方行う場合も多いようです。

体に針やメスを入れるため、上記の検査に比べてからだの負担も大きく、患者の病状や体力によっては実施できないこともあります。また入院の必要もあり、検査費用も高額になります。

  • 肝生検・・・腹部に超音波を照射して肝臓の位置を把握しながら、腹部の皮膚の上から生検針という細い針を刺し、肝組織の小片(検体)を取り出して顕微鏡などで検査する「経皮的肝生検」という手法が一般的。肝組織を直接調べられるので、もっとも確実な検査方法のひとつで、慢性肝炎や肝硬変の確定に用いられる。
  • 腹腔鏡検査・・・腹部を1cmほど切開して腹腔鏡を挿入し、肝臓の外側を直接観察する検査。肉眼で直接肝臓を見るので、肝臓表面の色や形などから病状の進行度を把握しやすい。
 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド