肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 健康診断で注目すべき肝機能の検査数値とは » 総ビリルビン値

総ビリルビン値

肝臓検査で一般的に測定されるビリルビン値について、検査の意味や数値の見方などを解説していきます。

ビリルビン値と肝臓の関係性

ビリルビンは、大体120日くらいで寿命がくるとされている赤血球が肝臓に運ばれて分解される際にできる黄色い色素のことで、黄疸の原因となる物質です。通常は胆汁となって体外に排出されるのですが、肝臓の機能が衰えてしまうとうまく排出されずに蓄積され、黄疸となって白目や皮膚が黄色く変化してきます。

健康な人の場合、血液中のビリルビンの値は1dlあたり1㎎以下とされていますが、3㎎以上になると黄疸が出始めます。

ビリルビンには、直接ビリルビンと間接ビリルビン、これら2つを合わせた総ビリルビンの3つの種類があります。

直接ビリルビンは肝臓で処理された後のビリルビンで、これらを体外に排出する機能が落ちてしまうとさまざまな病気の原因となります。肝硬変や胆管癌、膵癌などの重い病気を引き起こすことがあります。

間接ビリルビンは肝臓で処理される前のビリルビンで、赤血球が必要以上に破壊され作られるビリルビンが過剰になってしまったものをいいます。このタイプは特に実害はなく、治療の必要もないといわれています。

血液検査では、この2つを合わせた総ビリルビンの検査を行います。

つまり、総ビリルビンの検査は、黄疸の程度がわかるので肝機能が正常に働いているかを調べる重要な検査ということになります。

  • 総ビリルビンの基準値:0.2~1.2㎎/dl
    ※1.3㎎/dl以上で肝機能や胆管の異常の疑いあり

ビリルビン値からわかる黄疸の種類

総ビリルビン値で確認できる黄疸には、さまざまなタイプがあります。

  • 閉塞性黄疸…排泄するための胆管が詰まったために、正常に排泄できないタイプ。
    ※原因:胆石など胆管を閉塞させる病気。
  • 肝細胞性黄疸…肝臓の細胞そのものの機能が落ちてしまい、血液の中のビリルビンをうまく排泄できなくなるタイプ。
    ※原因:肝炎、肝臓がんなど。
  • 溶血性黄疸…赤血球の破壊が過剰になり、血液中のビリルビンが増えすぎてしまったタイプ。
    ※溶血性貧血など。
  • 新生児黄疸…胎児の時は母親が処理していたビリルビンが出生後まだうまく排泄できないために一時的に増えてしまうタイプ。特に異常ではありませんので治療の必要はないのが一般的です。
  • 体質性黄疸…遺伝が原因のタイプ。
    ※Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群、Gilbert 症候群、Crigler-Najjar 症候群など。

 

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド