肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » ウイルス感染

ウイルス感染

日常生活のひょんなことから感染してしまうのが、ウイルス性肝機能障害です。このページでは、原因となるウイルスについてと、肝機能低下を改善するヒントを紹介します。

ウイルス性肝機能障害とは?

ウイルス性肝機能障害は、ウイルス感染により、肝炎や肝機能障害をもたらし、肝機能が低下している状態です。

種類には、水や食べ物を介して感染する「A型」、「E型」と、血液や体液を介して感染する「B型」、「C型」、「D型」があります。

特に、日本ではB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが有名で、現在の日本のウイルス性肝炎についても、この2つが大部分を占めています。

B型肝炎ウイルス

B型肝炎ウイルスは、B型肝炎に感染している母親から出産時に子供に感染するケースが多かったのですが、今では母子感染予防対策が行なわれるようになり、感染を防げるようになりました。

そのほかの感染経路としては、輸血、集団予防接種での注射器の使いまわし、刺青の針の使いまわし、性的感染などがあります。

B型肝炎ウイルスが思春期以降に感染した場合は、一過性で終わることがほとんどです。急性肝炎を発症することはありますが、ほとんどの場合、回復します。

出産時や乳幼児期に感染した場合は持続感染となり、そのまま放置しておくと、思春期以降に肝炎を発症し、さらに慢性肝炎、肝硬変、肝がんを発症することもあります。

B型肝炎ウイルスには有効なワクチンがあるので、感染予防のために予防接種を受けることができます。

C型肝炎ウイルス

C型肝炎ウイルスは輸血によって感染する例が多く、社会問題にもなりました。しかし、現在では対策が取られているため、輸血による感染はなくなったと言っていいでしょう。

そのほかの感染経路として、覚せい剤などの注射の回し打ち、入れ墨・ピアスなどの針の使いまわしが、主な原因になっています。

C型肝炎ウイルスの場合、感染するとほとんどがそのまま持続感染となり、その後は慢性肝炎を発症します。しばらく経ってから、肝硬変、肝臓がんに進行する場合もあります。

日本の肝臓がん患者の70%は、C型肝炎ウイルスの感染者です。そして、残念ながら今のところ、C型肝炎ウイルスに有効なワクチンはありません。

感染を防ぐために

B型肝炎ウイルスもC型肝炎ウイルスも、現在は検査が徹底しており、医療行為で感染することはありません。

現在では定期検診などの際に、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの検査を受けることができます。一度も検査を受けたことがない人は、受診することをオススメします。

また、感染しないためにも、日常生活において以下のことに気をつけましょう。

  • 他人の歯ブラシやカミソリを使用しない。
  • 感染した人の血液や分泌物に触れない。触ってしまった場合は、流水でしっかりと洗い流す。
  • 感染者の服などを洗濯する場合は、漂白剤につけてから、しっかり洗い流す。他の人の服と一緒に洗濯しない。
  • B型肝炎ウイルスの予防接種を受ける。

ウイルス性肝機能障害を正しく理解して、感染を防ぐようにしましょう!

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド