肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » 薬による弊害

薬による弊害

肝機能障害の中でも、薬によって弊害が起こるのが、薬物性肝機能障害です。ここでは、薬物性肝機能障害の症状と原因、肝機能を回復させる方法について紹介していきます。

薬物性肝機能障害とは?

薬物性肝機能障害は、服用している薬の副作用により、肝臓の機能に障害をきたしている状態です。

原因となる薬物についてですが、どのような薬でもなることがあります。一般的には、抗生物質、解熱鎮痛薬、消化器用薬、精神神経系薬、抗がん剤、漢方薬などが多いと言われています。稀に、サプリメントなどの健康食品で発症してしまうケースもあります。

薬物性肝機能障害には、中毒性とアレルギー性がある!

薬物性肝機能障害には、薬の服用方法を守らず、過度に服用したことで起こる「中毒性」の場合と、服用方法を守っていても、体質により発症してしまう「アレルギー性」の場合があります。

発症する期間も、服用後すぐになる場合と、何年も経ってから発症するケースなど、個人差があります。

ちなみに、薬物性肝機能障害も他の肝機能障害と同様、特に自覚症状がないのがほとんどです。ただし、アレルギー性の場合は、アレルギー症状として、発熱や発疹、黄疸、全身のかゆみなどの症状が見られます。

薬物性肝機能障害に気づかずに、そのまま放置していると、肝不全などの重症肝炎になってしまい、最悪、肝移植が必要になる事態もあります。

肝機能を回復するには?

薬物性肝機能障害を治すには、原因となっている薬物の服用を中止することです。そうすれば、肝機能は速やかに回復していくでしょう。

しかし、薬物の特定は難しいのが現状です。肝機能障害が起きている場合には、原因と考えられる薬物を推測し、それを避けていくしかありません。

また、同じ薬でも、単独服用であれば問題がないのに、他の薬と併用することで障害が起きるというケースもあります。少なくとも、過去に肝障害を引き起こしたことのある薬に関しては、服用しないことをオススメします。

新しい薬を飲み始めたら、定期的に医師の診察を受けて血液検査を行ない、肝機能について問題がないかを確認するようにしましょう。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド