肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » 薬による弊害

薬による弊害

肝機能障害の中でも、薬によって弊害が起こるのが、薬物性肝機能障害です。ここでは、薬物性肝機能障害の症状と原因、肝機能を回復させる方法について紹介していきます。

薬物性肝機能障害とは?

薬物性肝機能障害は、服用している薬の副作用により、肝臓の機能に障害をきたしている状態です。

原因となる薬物についてですが、どのような薬でもなることがあります。一般的には、抗生物質、解熱鎮痛薬、消化器用薬、精神神経系薬、抗がん剤、漢方薬などが多いと言われています。稀に、サプリメントなどの健康食品で発症してしまうケースもあります。

薬物性肝機能障害には、中毒性とアレルギー性がある!

薬物性肝機能障害には、薬の服用方法を守らず、過度に服用したことで起こる「中毒性」の場合と、服用方法を守っていても、体質により発症してしまう「アレルギー性」の場合があります。

発症する期間も、服用後すぐになる場合と、何年も経ってから発症するケースなど、個人差があります。

ちなみに、薬物性肝機能障害も他の肝機能障害と同様、特に自覚症状がないのがほとんどです。ただし、アレルギー性の場合は、アレルギー症状として、発熱や発疹、黄疸、全身のかゆみなどの症状が見られます。

薬物性肝機能障害に気づかずに、そのまま放置していると、肝不全などの重症肝炎になってしまい、最悪、肝移植が必要になる事態もあります。

肝機能を回復するには?

薬物性肝機能障害を治すには、原因となっている薬物の服用を中止することです。そうすれば、肝機能は速やかに回復していくでしょう。

しかし、薬物の特定は難しいのが現状です。肝機能障害が起きている場合には、原因と考えられる薬物を推測し、それを避けていくしかありません。

また、同じ薬でも、単独服用であれば問題がないのに、他の薬と併用することで障害が起きるというケースもあります。少なくとも、過去に肝障害を引き起こしたことのある薬に関しては、服用しないことをオススメします。

新しい薬を飲み始めたら、定期的に医師の診察を受けて血液検査を行ない、肝機能について問題がないかを確認するようにしましょう。

薬物性肝機能障害の症状と早期発見・早期対応

肝臓は、体内における「化学工場」と呼ばれます。 様々な役割を果たしているところで、何らかの病気の治療のために服用した薬を、無害なものにするのも、その一つです。

そのため、薬によっては、肝臓に障害をもたらすものもあります。 そして、薬によって引き起こされる、肝臓の障害薬物性肝機能障害と言います。

薬物性肝機能障害の種類と症状

薬の服用による肝機能障害は、薬の副作用の一つです。 この薬物性肝機能障害を引き起こす薬の代表例としては、解熱鎮痛剤や抗がん剤、抗真菌薬などが挙げられますが、それ以外にも様々な薬が肝機能障害を引き起こす危険性があります。 薬によって引き起こされる肝機能障害には、肝臓の細胞が障害されるものや、胆汁が肝臓内に溜まるもの、肝不全と呼ばれる肝臓の機能が不十分になるものなどがあります。

薬によって肝機能障害が起こる場合としては、3つの項目が挙げられます。

一つは、その薬を大量に服用することで、症状が現れるというものです。

大人が服用することが多いアセトアミノフェンという成分が含まれる解熱鎮痛剤が、これに当てはまります。

二つ目は、服用した量に関係なく、発生するものです。

これには個人差があるようです。 特定の薬ででるという訳ではないようです。

三つ目は、特定の人に見られるものです。

肝臓が、薬を代謝する酵素を持っていない、免疫がないという場合に見られます。

薬物性肝機能障害を起こした場合にみられる症状は、多くの場合他の肝臓の病気と同様のものです。

つまり、体が常にだるいと感じる「倦怠感」や、発熱、皮膚や爪、眼球の白目の部分である眼球結膜が黄色くなる「黄疸」などがあります。 他には、「吐き気」や実際に吐いてしまう「嘔吐」、全身に湿疹が現れたり、肌にかゆみを感じるなども、肝臓機能の障害で見られる代表的な症状です。 また、中には食欲がわかない「食欲不振」を感じる方もいらっしゃいます。

薬物性肝機能障害の早期発見と早期対応の方法

薬物性肝機能障害では、肝機能障害を引き起こす原因になっている薬の服用を止めると、症状が徐々に治まってくることがあります。 では、薬物性肝機能障害を早期に発見するには、どうしたらよいのでしょうか。

説明を聞き、確認する

その一つは、薬を服用し始める前から始まっています。 病院から薬が処方される場合には、医師や薬剤師が、その薬について説明してくれます。 その内容は、その薬の効果の他に、副作用に関するものです。 また、薬剤師が処方された薬を患者さんに渡すときには、薬について説明した紙を渡してくれます。 説明をしっかりと聞き、わからないことがあれば質問しましょう。 特に、肝機能障害を起こす危険性が高い薬や、過去に服用した人で肝機能障害を引き起こしたケースが多い場合には、その旨を説明してくれます。

自分の体調の変化を常に気に掛ける

次に、自分の体調の変化を常に気に掛けるようにしましょう。 薬剤師から渡された用紙に書かれているような症状や、それ以外でも、気になる症状があったら、それが現れた日付と症状の内容、場合によっては症状の強さをメモしておきます。 特に、先ほど挙げたような、肝機能障害で見られる症状を感じた場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。 だからと言って、服用していた薬を、自己判断でストップしてしまうのは、危険な場合があります。 必ず受診して、医師に相談し、指示に従うようにしましょう。

用法、用量をしっかり守る

三つ目は、薬を服用する量を、しっかりと守ることです。 たまに、1回分の薬を飲み忘れたと、その後の服用時間にまとめて飲む方がいらっしゃいます。 しかし、それをすると、血液中の薬の濃度が高くなってしまい、かえって肝臓に負担を掛けることがあります。 1回に服用する量は、しっかりと決められた通りにしましょう。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド