肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » 肝嚢胞

肝嚢胞

肝嚢胞は、肝臓の中に体液のたまった袋ができる、良性の腫瘍です。ここではその原因、治療法などについて説明しています。

肝嚢胞とは

肝嚢胞とは、肝臓のなかにできる液体のたまった袋(嚢胞、水胞)のことですが、良性の腫瘍なので緊急の治療の必要はないとされています。先天性と後天性がありますが、通常肝嚢胞という場合、先天性の良性のものを指します。

自覚症状もほとんどなく、多くは人間ドックの腹部超音波検査などで初めて見つかります。肝嚢胞が見つかるのは50歳以上の中年女性に多く、超音波検査を受けた人の約5%~20%に発見されるといわれます。

嚢胞は肝臓のどこの部位にでも発生しますが、特に右側(肝右葉)の発生率が高いとされています。大きさは数mmから10cmを超えるものまで幅広く、数も1個から複数の場合があります。

肝嚢胞の原因と治療法

肝嚢胞は遺伝が原因の先天性のものとされており、放置しても成長したり増えたりすることはありません。まれにエキノコックスなどの寄生虫(おもにキツネや野ネズミに寄生)の虫卵が原因となることもあります。

ただし、遺伝的に、肝臓以外にも腎臓、すい臓などに多くの嚢胞ができている体質の人は、多嚢胞性疾患と呼ばれており、脳動脈瘤を生じやすいとされ、注意が必要です。

基本的に、肝嚢胞は良性の腫瘍なので、定期的に人間ドックの腹部超音波検査などで経過を観察して、問題がなければ治療を行わない場合がほとんどです。
しかし、大きなものでは嚢胞が50cm程度まで成長することもあり、腹部膨満感、鈍痛、胃の不快感、吐き気などの症状をともなうようになれば、治療を行います。
また、嚢胞内に出血や感染を起こした場合には発熱、腹痛などの症状が起こるようになり、やはり治療が必要になります。嚢胞が成長し、破裂した場合も手術が必要です。

従来は開腹手術で嚢胞を切除する手術が一般的でしたが、近年では負担の少ない治療が増えています。
嚢胞の状態を超音波で観察しながら、腹部の体表から細い針を刺して(穿刺という)、嚢胞の内容液を吸引し、嚢胞の内側の細胞をエタノールやミノサイクリン(ミノマイシン)などの薬物で死滅させ、もう内容液が溜まらないようにする治療が一般的です。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド