肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » 胆汁うっ滞

胆汁うっ滞

ここでは、胆汁がスムーズに排泄されなくなる胆汁うっ滞について、原因や症状、治療法などについて説明します。

胆汁うっ滞の原因

胆汁うっ滞とは、肝臓で生成された消化液の一種である胆汁の流れが滞ってしまうことです。
これによって、本来なら胆汁の成分として十二指腸に排泄されるビリルビンや胆汁酸などの物質が血液中にもれ出し、さまざまな症状が起こります。

うっ滞の原因は詳しくは判明していませんが、肝臓の不調に関連する場合と、胆汁の流れる胆管そのものが閉塞・狭窄している場合があるといわれます。

胆汁うっ滞の症状

胆汁うっ滞の症状としては、以下のものがよく知られています。

  • 黄疸
  • 尿の色が濃くなる
  • 便の色が薄くなる
  • 全身がかゆくなる
  • 便が脂っぽくなる(脂肪便)

ビリルビンは便の色の元になる黄色い物質ですが、十二指腸に排泄されなかった分が皮膚に沈着して黄疸になり、かゆみを引き起こします。また、血液にもれた分が腎臓から排泄されることで尿の色が濃くなり、代わりに便の色が薄くなります。

腸内に胆汁が不足すると、消化吸収できない栄養素もあります。
脂肪の消化ができなくなるために、便が脂っこくなります。カルシウムやビタミンDが吸収できないことにより、骨密度の減少の恐れもあります。血液凝固に必要なビタミンKも不足するので、出血傾向などの症状が起こります。

胆汁うっ滞の原因によっては、さらに腹痛や食欲不振、嘔吐、発熱などが起きるときもあります。

胆汁うっ滞の診断と治療

胆汁うっ滞の治療を行うには、症状の観察と診察によって、原因が肝臓によるものかそれ以外かを特定する必要があります。

血液検査では、胆汁うっ滞の場合アルカリホスファターゼ(ALP)という酵素の血中濃度が高くなります。重症度は血中のビリルビン値から判断できます。
しかし、血液検査だけでは原因の特定はできないので、超音波検査CTスキャンMRIなどで肝臓と胆嚢の検査も行います。

胆管の狭窄や閉塞がうっ滞の原因と見られる場合は、内視鏡を使った手術を行う場合があります。

急性肝炎など肝臓の疾患が原因の場合は、肝炎の回復にともなって胆管うっ滞も解消されます。黄疸は進行すると激しいかゆみが起こるので、かゆみを抑える内服薬を併用することがあります。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド