肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

HOME » 肝機能障害の大きな原因と治療法 » アルコールの摂りすぎ

アルコールの摂りすぎ

欧米人に比べて、日本人がなりやすいと言われるアルコール性肝機能障害。ここではその症状を分析しながら、肝機能を向上させるために必要なことを学んでいきます。

アルコール性肝機能障害とは?

アルコール性肝機能障害は、長年にわたり過度な飲酒を続けることで、肝臓の機能に障害をきたしている状態を指します。

アルコールを摂取すると肝臓で分解されますが、アルコール量が多くなり、肝臓を酷使することで、肝臓の機能が弱まっていきます。また、アルコールを分解する過程で出る代謝物(アセドアルデヒドなど)も直接、肝臓に悪い影響を与えています。

日本人は体質的にお酒が弱いって本当?

一般的に、日本人は欧米人に比べて肝臓の分解能力が弱いとされています。

そして、お酒が強いか弱いかは、アルコールを分解する「アルコール脱水素酵素」の量によって決まります。

飲酒の機会が増えれば、肝臓で「アルコール脱水素酵素」が増量されますが、日本人の約半数は、この酵素を合成する遺伝子を生まれつき持っていないということです。

アルコール性肝機能障害の場合、初期症状ではアルコール性脂肪肝となりますが、それをさらに放置し、過度の飲酒を続けているとアルコール性肝炎へ、さらにアルコール性肝線維症になり、やがてはアルコール性肝硬変へと発展していきます。

肝機能の向上のためにしたいこと

このアルコール性肝機能障害の場合の肝機能の回復方法は、ズバリ、禁酒です。

禁酒をすると、明らかに肝機能が向上していくのが分かります。診断でアルコール性肝機能障害と診断されたら、お酒を止めることが最善の方法でしょう。

まだアルコール性肝機能障害になっていない人でも、過度な飲酒を続けているとアルコール性肝機能障害になる可能性が高いと言えます。ちなみに、この症状には「自分はお酒に強いから大丈夫」という基準はありません。

肝臓のことを考えれば、お酒をたくさん飲める人でも、ビールなら大瓶1本、日本酒なら2合以下に留めておくことをオススメします。

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド