本当に怖い肝機能障害の対策ガイド

肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

進行すると重病に!肝機能障害の基礎知識

肝機能障害とは、肝臓の機能が低下し、さまざまな障害を引き起こす状態のことを言います。この段階では自覚症状はなく、健康診断などの肝臓検査で、数値の異常となって表れることがほとんど。

しかし、この状態が進むと、慢性肝炎に発展することもあり、そこから肝硬変や肝臓がんなどの重い病気になる可能性があります。

そのため、検査などで肝機能障害と診断された場合は、速やかに肝機能の改善を心がけるべきです。

肝機能障害は、その原因によって以下のように分けられます。

<脂肪肝>

  • 概要と原因…カロリーの過剰摂取により、肝臓にコレステロールや中性脂肪が付いてしまった状態。
  • 改善法…低カロリーでバランスのいい食生活。

<アルコール性肝機能障害>

  • 概要と原因…過度の飲酒により、アルコールが生み出すアセトアルデヒドによって肝細胞にダメージが出ている状態。
  • 改善法…医師の指導に基づく飲酒制限。

<薬物性肝機能障害>

  • 概要と原因…毒性をもった成分・食品、またはアレルギーによって肝臓機能に異常が出ている状態。
  • 改善法…原因薬剤を医師に特定してもらい、薬剤ごとの最適な治療を受ける。

<ウイルス性肝機能障害>

  • 概要と原因…各種肝炎ウィルスの感染により、肝機能に異常が出ている状態。
  • 改善法…入院した上で、抗ウイルス性の薬剤を使用した治療を受ける。

上記のいずれでも、軽度の場合は症状がなく、適切な対処をすれば大事には至りません。ただし、以下のような自覚症状が表れてしまっている場合は要注意です。

肝機能障害の危険サイン

黄疸(全身の皮膚や、白目などの粘膜が黄色くなる)・全身のかゆみ・疲労感・食欲の減退・皮膚にクモ状の赤い斑点がでる・お腹が張っている

体の不調や食欲などは風邪の症状にもあるため判断がつきにくいですが、黄疸や斑点などは、身体をよく観察することで確認できるはずです。

こういった自覚症状を感じるようになったときには、既に病気はかなり進行していることがほとんど。少しでも心当たりがある場合は、なるべく近い内に詳しい検査を受けた方がよいでしょう。

>>自身の肝機能障害度を今すぐチェック!

肝機能を回復するために日常気を付けたいこと

肝炎や肝硬変などの病気になってしまった場合は病院での治療が必須ですが、肝機能が低下しているだけならば、日頃の生活を改善することで十分に回復が見込めます。

その上でもっとも重要なのは、食生活の見直しです。

食事の量や栄養バランスにかんしてもそうですが、なるべく肝臓にやさしい食品を摂るよう心がけることが大切。

肝臓にいいとされる成分には、以下のようなものがあります。

  • にんにく…ビタミンB群・アリシン・メチオニンなど、肝臓の働きを直接サポートする成分が多く含まれている。
  • 牡蛎(かき)…コレステロールを下げたり、血圧を正常に保つ効果を持つタウリンが豊富に含まれている。
  • 納豆…中性脂肪の排出を促す成分・レシチンが豊富に含まれている。また、ミネラルも豊富で、肝細胞の新陳代謝を助けてくれる。
  • しじみ…アミノ酸・ミネラルを豊富に含んでおり、バランスよく含まれた栄養素が肝機能をサポートする。
  • ごま…ごまに含まれるセサミンは、肝臓の脂肪酸を減らしたり、肝臓がんを予防すると言われている。

こういった成分を積極的に摂るよう意識しながら生活の質を改善すれば、自然と肝機能障害も回復していくはずです。

ただ、こういった健康成分を毎日の食事で摂取していくとなると、飽きが来る上、メニューを考えるのも一苦労。

最近はサプリメントブームの影響もあって、肝機能を回復させる成分が配合されたサプリメントも豊富に販売されていますので、こうした健康食品から上手に取り入れることをオススメします。

このサイトでは、そういった肝臓におすすめのサプリメントについても特集していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

肝機能障害の回復をサポートするおすすめ健康食品一覧>>

肝機能障害の治療法

肝機能障害は肝臓機能の低下によって引き起こされるもので、初期の状態では痛みなどがないため気づきにくいのが特徴です。

痛い、食欲がない、調子がおかしいといった自覚症状が目立ちはじめる頃にはすでに症状が中程度まで進んでいる可能性があります。早期発見のためにも専門医の受診をおすすめします。

肝機能障害にはさまざまな原因がありますが、最も身近なものとしてお酒が挙げられます。「アルコール性肝機能障害」と診断された後は、食生活の改善を中心に治療を進めていきます[1]。

アルコールの飲用習慣がある方はアルコール量を減らし、徐々に禁酒を進めて断酒に近づけていきます。

肝機能障害は肝臓に負担をかけすぎることで進行します。栄養の摂りすぎにならないように食生活にも指導が入ります。サプリメントや健康食品など、特定の栄養素が多分に含まれている食品の摂取も避けるようにします。

「脂肪肝」と診断された方は、エネルギーの摂りすぎに注意しながら減量を目指します。糖分や油分、塩分が含まれている食事は避け、食べすぎにならないように食事量もしっかりと管理していきます。

嗜好品の摂りすぎ、夜遅くまで起きている生活なども見直して、決まった時間に食べる・寝る・活動することを心掛けます。

肝機能障害の治療の基本は、エネルギーの摂取バランスを考え、肝臓に負担をかけないように体調を整えることです。病態により細かな指示が出ることがありますが、どの病気にも共通するポイントとしては、肝機能を酷使しすぎないことが基本となります。

すでに肝機能障害が進行し食欲がなくなってしまっている場合には、ブドウ糖の点滴を行うなどして栄養を補充します。

「肝炎」に罹患している場合は、発症の仕方や症状の進み方によって3種類に分けることができます。ある日突然発症する「急性肝炎」、半年以上肝臓の数値が元に戻らない「慢性肝炎」、急性肝炎が重篤化した「劇症肝炎」となります。

急性肝炎の治療法はまず第一に入院し、安静に過ごすことが基本となります。食欲がなければ点滴を打ちながら、体力を維持するように努めます。数ヶ月で症状は治まりますが、その間は安静第一に過ごすようにします。

万が一B型肝炎やC型肝炎のように、炎症が治まらないまま慢性化してしまった場合には、専用の治療薬を服用します。治療薬によって効果が現れれば、安静にしながら肝臓に負担をかけない生活を送ります。

ただし薬物療法は肝臓への負担になる恐れがあるため、健康な状態での薬物療法とは異なります。始める前に必ず血液検査や肝生検(肝臓の組織を一部分だけ取り出して病態を診断する方法)を行い、病気がどの程度まで進行しているか、また投薬治療の効果などをチェックします。同時に体に与える副作用の可能性についてもリスクの評価を行います。

これらの検査をすべて終えた後、医師は「インターフェロン療法(抗ウイルス薬を投与してウイルスの増殖を抑える方法)」を使うか、肝庇護剤を投与して炎症を抑えるかのどちらかを決めます。

肝機能障害が進み「肝硬変」の状態まで悪化している場合、重篤な症状がみられなければ、慢性肝炎と同じ食事療法を中心に行います。

こちらは肝臓病の治療中に不足するアミノ酸を補うために、アミノ酸製剤(肝疾患用経口栄養剤)が使われます。アミノ酸製材を使うと、体に負担なく安全にアミノ酸を摂取することができます。

肝硬変の治療は長期にわたりますが、基本的にはアミノ酸製剤を補給しながら、便秘にならないように野菜や海藻などを摂るようにします。肥満にも注意し、カロリーの摂りすぎを予防することが治療のポイントとなります。

【参考URL】

参考[1]:一般社団法人 三重県薬剤師会:肝臓病の食事療法

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド