本当に怖い肝機能障害の対策ガイド

肝機能障害の原因・症状を徹底解説するサイト

進行すると重病に!肝機能障害の基礎知識

肝機能障害とは、肝臓の機能が低下し、さまざまな障害を引き起こす状態のことを言います。この段階では自覚症状はなく、健康診断などの肝臓検査で、数値の異常となって表れることがほとんど。

しかし、この状態が進むと、慢性肝炎に発展することもあり、そこから肝硬変や肝臓がんなどの重い病気になる可能性があります。

そのため、検査などで肝機能障害と診断された場合は、速やかに肝機能の改善を心がけるべきです。

肝機能障害は、その原因によって以下のように分けられます。

<脂肪肝>

  • 概要と原因…カロリーの過剰摂取により、肝臓にコレステロールや中性脂肪が付いてしまった状態。
  • 改善法…低カロリーでバランスのいい食生活。

<アルコール性肝機能障害>

  • 概要と原因…過度の飲酒により、アルコールが生み出すアセトアルデヒドによって肝細胞にダメージが出ている状態。
  • 改善法…医師の指導に基づく飲酒制限。

<薬物性肝機能障害>

  • 概要と原因…毒性をもった成分・食品、またはアレルギーによって肝臓機能に異常が出ている状態。
  • 改善法…原因薬剤を医師に特定してもらい、薬剤ごとの最適な治療を受ける。

<ウイルス性肝機能障害>

  • 概要と原因…各種肝炎ウィルスの感染により、肝機能に異常が出ている状態。
  • 改善法…入院した上で、抗ウイルス性の薬剤を使用した治療を受ける。

上記のいずれでも、軽度の場合は症状がなく、適切な対処をすれば大事には至りません。ただし、以下のような自覚症状が表れてしまっている場合は要注意です。

肝機能障害の危険サイン

黄疸(全身の皮膚や、白目などの粘膜が黄色くなる)・全身のかゆみ・疲労感・食欲の減退・皮膚にクモ状の赤い斑点がでる・お腹が張っている

体の不調や食欲などは風邪の症状にもあるため判断がつきにくいですが、黄疸や斑点などは、身体をよく観察することで確認できるはずです。

こういった自覚症状を感じるようになったときには、既に病気はかなり進行していることがほとんど。少しでも心当たりがある場合は、なるべく近い内に詳しい検査を受けた方がよいでしょう。

>>自身の肝機能障害度を今すぐチェック!

肝機能を回復するために日常気を付けたいこと

肝炎や肝硬変などの病気になってしまった場合は病院での治療が必須ですが、肝機能が低下しているだけならば、日頃の生活を改善することで十分に回復が見込めます。

その上でもっとも重要なのは、食生活の見直しです。

食事の量や栄養バランスにかんしてもそうですが、なるべく肝臓にやさしい食品を摂るよう心がけることが大切。

肝臓にいいとされる成分には、以下のようなものがあります。

  • にんにく…ビタミンB群・アリシン・メチオニンなど、肝臓の働きを直接サポートする成分が多く含まれている。
  • 牡蛎(かき)…コレステロールを下げたり、血圧を正常に保つ効果を持つタウリンが豊富に含まれている。
  • 納豆…中性脂肪の排出を促す成分・レシチンが豊富に含まれている。また、ミネラルも豊富で、肝細胞の新陳代謝を助けてくれる。
  • しじみ…アミノ酸・ミネラルを豊富に含んでおり、バランスよく含まれた栄養素が肝機能をサポートする。
  • ごま…ごまに含まれるセサミンは、肝臓の脂肪酸を減らしたり、肝臓がんを予防すると言われている。

こういった成分を積極的に摂るよう意識しながら生活の質を改善すれば、自然と肝機能障害も回復していくはずです。

ただ、こういった健康成分を毎日の食事で摂取していくとなると、飽きが来る上、メニューを考えるのも一苦労。

最近はサプリメントブームの影響もあって、肝機能を回復させる成分が配合されたサプリメントも豊富に販売されていますので、こうした健康食品から上手に取り入れることをオススメします。

このサイトでは、そういった肝臓におすすめのサプリメントについても特集していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

肝機能障害の回復をサポートするおすすめ健康食品一覧>>

 
本当に怖い肝機能障害の対策ガイド